ランキング

人気ブログランキングへ

ワンクリックお願いします!

プロフィール

アディ

Author:アディ
無駄な知識を
下らない偏見を
チンケなプライドを
全て捨てて

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手打ち

 小沢幹事長が不起訴となり、石川議員をはじめ三氏も

保釈となった。
天木直人さんのブログで興味深い記事があった。
http://www.amakiblog.com/archives/2010/02/03/#001584

「権力者同士が手を結べば

馬鹿を見るのは非権力者の一般国民だ」

 

 大騒ぎした小沢政治資金疑惑問題は、

小沢不起訴、小沢秘書らの起訴、で手打ちが

行われたようだ。

小沢支持者は、それみた事か、検察の大敗北だと喜び、

反小沢派は秘書が起訴されたのだから小沢は責任をとれ、

と迫るだろう。

 不毛な騒ぎはこれからも続く。

 しかし我々一般国民は、この騒動を冷静、客観的に

見極めなければならない。

 この騒動は、どっちが正しいか、どっちが勝つか、

などと言った観点で見てはならない。

 今度の大騒ぎの顛末は、時の権力者と、

同じく一般国民にとっての絶対権力者である検察官僚の、

お互いの面子を立てあった手打ちで

終わった茶番劇だったと見たほうがいい。

 政治資金疑惑で限りなく灰色の権力政治家と、

裏金問題で限りなく灰色である検察組織が、

国民不在の取引をしたとすら思えてくる。

 もしメディアが書き立てているごとく、

負けたほうが潰れるほどの小沢、検察のガチンコ勝負、

死闘であれば、決してこのような結果で

終わることはなかったはずだ。

 検察官僚は世論の批判を覚悟であらゆる理由を

見つけて小沢起訴に持ち込んだだろう。

 小沢幹事長は、

刑期を終えて出所した三井環元大阪高検公安部長と

協力して検察の裏金をあばき、

検察組織を叩き潰したであろう。

 そのような死闘は一切見られなかった。

 事情聴取を終えた頃から小沢幹事長が

気持ちが悪いほど穏やか、謙虚になった。

 かつて三井環氏は私にこう述べたことがあった。

 検察は小泉政権と取引した。

小泉政権が検察の裏金犯罪を不問することと引き換えに、

小泉政権下の政治資金疑惑はヤラないと。

 この事を三井氏は「検察はけもの道に足を踏み入れた」

と表現して批判していた。

 まさしくそれと同じ事が繰り返されたのではないのか。

 権力者同士がお互いを最後まで

追い込むような事はしない。

 権力者(小沢一郎)が

三井環という権力者(検察)の敵であり、

いまや何の力もない者(非権力者)と手を組む事は

絶対にない。 馬鹿を見るのは国民だ。

その事をよく知っておいたほうがいい。

 今度の騒動の最終判定者は、

非権力者である一般国民である。世論である



検察の裏金追及はこれでなくなった。
私もそう思う。
なんとも複雑な気持ちになっていまいますな。

人気ブログランキングへ
ワンクリックお願いします!


<< 茶番!茶番!茶番! | ホーム | 郷原信朗という勇者 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。