ランキング

人気ブログランキングへ

ワンクリックお願いします!

プロフィール

アディ

Author:アディ
無駄な知識を
下らない偏見を
チンケなプライドを
全て捨てて

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「より良い世界」への薄明かり

 マイケル・ジャクソンやジョン・レノンが
世界をもっと「より良い世界にしていこう」
「住みやすい世界」にしていいこうと歌った。
ジョンもマイケルも自分達が呼びかければ、
世界中の人が気付いてくれる、動き出してくれる
そう思っていたはずだ。
彼らのメッセージは多くの人に伝わり、気付いた人も
多いはずだ。でも表面的にはまだ世界は
ほとんど変わっていないと言っていい。
世界の変化を見届けるまえに彼らは命を絶たれていった。
ではこのまま世界はずっと変わらないのか・・・。

 いやそうではないと僕は思う。
世界はきっと変わっていく。
マイケルやジョンのおかげで愛に目覚め、
インターネットにより
「世界の本当の仕組み」に気付き、
世界の多くの人が変化を起こさなくてはと
動き出しているはずだ。
それは恐らく面等向かって「戦う」ということでは
ないかもしれない。
世界の仕組みを理解しながらも
「自分のやるべきこと」を遂行しているのだろう。
100ドルパソコンを開発しているOLPC、
社会起業家を支援するアショカ財団、
かれらは世界の仕組みを理解しながらも
世界を変えるために動き出している。
これは、今世界中で始まっていることで、
この大きなウネリはもうだれにも止めることはできない。
悪魔は目標を達成することはできない。

 ガンジーの「アヒンサー」は、非暴力を貫き
己と敵対するモノまで呑み込んで前進していく、
全てを愛で覆いつくしていく、
そういうものだと思う。
ガンジーは、
「アヒンサーから目をそらさなければ
勝利は疑うべきもない」と言った。
と同時に「それは生易しいものではない」
と言った。
より良い世界を実現するためには
「アヒンサー」を胸に、賢明に、葦のようにしなやかに
前進していかなくてはならない。


人気ブログランキングへ
ワンクリックお願いします!

スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。