ランキング

人気ブログランキングへ

ワンクリックお願いします!

プロフィール

アディ

Author:アディ
無駄な知識を
下らない偏見を
チンケなプライドを
全て捨てて

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼らの思いを

 世界のどこでも戦争が全く無くて、人種差別もない、
地球上全ての人が人間らしく生きる権利を与えられ、
地球上全ての人がこの上ない幸福で包まれている。
・・・・・・
「人類が、地球が目指すべき世界」とは大まかに言えば
おそらくこういった「世界」なのだと思う。
でもこんな「世界」が果たして実現するのだろうか?
人間の歴史を振り返ってみても、
戦争や争いのなかった時代は全くない。
人間はずっと憎みあい殺しあってきた。
それが人間の歴史で、「人間そのもの」だ。
今でもそれは変わっていない。
互いに憎しみあい、殺しあっている。
怒りや憎しみは、恐らく全ての人間がもっている。
僕もそうで、僕などその感情は人一倍強い。
怒りや憎しみは人間の一部でさえあって、
そこから学ぶべきことさえある。
怒りや憎しみを信奉している人間たちさえいる。
怒りや憎しみは人間の一部、
それはこれからも変わらない、ずっと続いていく・・・。


僕はずっとそう思っていた。
元々僕はクソッタレな人間だから、恐らく、より強く
そう思っていた。
でもそれはきっと「恐れ」だったのだと思う。
そんな世界を「恐れていたのだ」。
その昔、鳩山首相の「友愛」を評して
中曽根元総理大臣が
「夏がくれば
アイスクリームのように溶けてしまいそうだ」
と言ったそうだ。
「そんな世界はヌルすぎる」
「世の中はそんなに甘くはない」
「甘ったるくて気持ち悪い」
中曽根みたいな人間も僕のような人間も
そうやってずっと「愛」を否定してきたのだ。
でもどちらが
「ヌルくて」
「甘ったるい」人間なのだろう。
ヌルクて、甘ったるくて、「真理」を知らない人間は
実は中曽根や僕のような人間達なんだ。
「強く」ないと「魂が大きく」ないと
「愛」や「真理」を受け入れることはできない。
僕は、それに薄々気付いていたから
それをより一層否定してきたのだ。


ガンジーが
「真理は永遠で、歓喜もまた永遠」
と言った。

マザーテレサが
「神はあなたを愛していて、神のなさることは無限」
と言った。

ジョン・レノンが
「殺す理由も死ぬ理由も存在しない。
想像してごらん全ての人が世界を分かち合っている」
と言った。

マイケル・ジャクソンが
「君の心の中に愛があるのを知っている。
苦しみも悲しみもない、永遠の魂を手に入れよう」
と言った。

彼らは皆僕達に大きなメッセージを残して
死んでいった。きっとそれが彼らの使命だったのだ。
彼らは「愛」を世界に説いて、象徴として死んでいった。
彼らのメッセージは多くの人の伝わった。
彼らは皆「キリスト」だった。
ガンジーもマザーテレサもジョンもマイケルジャクソンも
今空から地球を眺めているだろう。


 僕らはみんな俗物で、彼らのようにはなれない。
でもきっと、彼らの遺したメッセージを
引き継ぐ使命が課されている。
彼らが残したメッセージを形にする。
彼らが「できなかった事」は
僕達の「できる事」で
きっとそれが託された使命だ。
「彼らの思いを形にする」
「怒りや憎しみのない世界を実現する」
僕らは使命を果たさなくてはならない。



人気ブログランキングへ
ワンクリックお願いします!

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。