ランキング

人気ブログランキングへ

ワンクリックお願いします!

プロフィール

アディ

Author:アディ
無駄な知識を
下らない偏見を
チンケなプライドを
全て捨てて

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶番!茶番!茶番!

 テレビを見ても、新聞を読んでも茶番ばかりで
ウンザリする。 
日本は今空前絶後の「茶番」で溢れている。
「ふざけんな」、と本気で思う。
検察もマスコミもその出鱈目っぷりは、もう
語るまでももない。
だが民主党も茶番を演じている。
検察もマスコミも、そして民主党も一番気にしている
のは「民意」である。
「民意がどう動くか」
「国民にどう思われるか」
全てはこれを基本に動いている。
検察やマスコミが出鱈目をヤラカシ放題だ。
それに騙されている国民も多いのは確かだ。
鳩山さんを始め民主党が公に検察やマスコミを批判
しないのも、「民意」を気にしているからだ。
今検察やマスコミを批判すると
「弾圧だ」と言われることを恐れているのだ。
今現在の民主党内での検察マスコミ批判、こんななものは
批判の内に入らない。逃げ腰丸出しだ。

 私は小沢さんを応援している。
これからも小沢さんは日本に必要な政治家であると思う。
だが清廉潔白でお金にも綺麗な政治家かと聞かれれば
どうか?
「・・・・・」である。
小沢さんははっきり言って「グレー」だ。
郷原さんが散々小沢さんに「説明すべきだ」と言っていた。
その通りなんである。本当に潔白であれば、捜査中であれ、
なんであれマスコミの前で堂々と国民に
説明してしまえばいいんである。
これは「説明責任云々」の話ではない。
本当に潔白であり、それを堂々と説明してしまえば
「検察のやっていることは出鱈目」であることを
明らかにすることができたんである。
でもそれをしてこなかった。
もう一度言うが小沢さんは「グレー」である。
銀行や金融機関に預けず
現金で4億円もの金を動かしている、
家族名義で大金を所持している。
これは突っ込まれても仕方ないんである。
「小沢さんはグレー」
そんなことは、みんな解かっているんである。
民主党支持層も自民党支持層もみんな
知っているんである。
検察やマスコミはそんな「グレー」を攻めているんである。
「手打ち」が行われたのも
「グレー」だからなんである。




 検察やマスコミのしていることは出鱈目である。
なんとしてでも民主党を引きずり降ろしたくて
必死である。とても見苦しいことだ。
でもこれは「規定路線」なんである。
「わかりきったこと」「予想通り」なんである。
それを指摘することは勿論大事だ。
しなくてはならないことだ。
だがしかし、それは最初からわかりきったことで
それを指摘するばかりでは駄目なんである。
抜本的なアクションを起こさないと駄目なんで
ある。
「解かりきった規定路線」にそのまま乗るなんて事は
アホのする事なんである。
「ターン」は今民主党にある。
アクションを起こす「機会」にも、その「権限」も
与えられているんである。
だったら「有言」してしまって、
「実行」してしまえばいいんである。
マスコミの前で
まず「発言してしまえばいい」んだ。
「新自由主義」から「北欧型の社会民主主義」へと
「有罪率99%というオカシな司法制度を改革する」と
「アメリカ依存から独立する」と。
中途半端に「民意を気にする」よりよっぽどいい。
「検察は間違っている」
「マスコミは間違っている」
また
「どこか間違っているか」
を発言してしまえばいいんである、思い切って。
これで国民が「説明してもわからない」のであれば
それまでだ。国民のレベルがそこまで、という
話なんである。
そうであれば、答えは簡単だ。
多くの国民は
「地獄を見ないとわからない」
んである。


茶番を終わらせることができるのは、
民主党次第なんである。
検察やマスコミがどんだけ騒ぎ喚き、出鱈目をしようが
与党にいるのは民主党なんである。
全ては「民主党が握っている」
それを忘れないでほしい。
いい加減茶番を終わらせて欲しい。


人気ブログランキングへ
ワンクリックお願いします!


<< Michael Jackson Will You Be There | ホーム | 手打ち >>


コメント

マスコミの報道を見ていても、いいかげんにしろよ、って思うことばかりです。
身近なところで、社内の上層部などを見ていてもそう思うことばかりです。
みんな目先のことや自分の保身に必死なのが見苦しいばかりです。
全てブチ壊したいという怒りが私のなかにあります。

しかし同時に、新しい時代を切り開くエネルギーは「怒り」ではなく、「快」なのかなあとも思います。
神話でも、アマテラスが岩戸から出てきたのは神々の宴会という「快」につられてのことでした。
人が輝くのは自分の快に従って行動しているときです。
「怒」から「快」へのエネルギー変換が私の今のテーマとなっていますが、まだまだ模索中です。

Re: タイトルなし

> マスコミの報道を見ていても、いいかげんにしろよ、って思うことばかりです。
> 身近なところで、社内の上層部などを見ていてもそう思うことばかりです。
> みんな目先のことや自分の保身に必死なのが見苦しいばかりです。
> 全てブチ壊したいという怒りが私のなかにあります。
>
> しかし同時に、新しい時代を切り開くエネルギーは「怒り」ではなく、「快」なのかなあとも思います。
> 神話でも、アマテラスが岩戸から出てきたのは神々の宴会という「快」につられてのことでした。
> 人が輝くのは自分の快に従って行動しているときです。
> 「怒」から「快」へのエネルギー変換が私の今のテーマとなっていますが、まだまだ模索中です。

ittyさん

それすごくわかります。
怒りは、やがて人の心も体も蝕んでいってしまう。
そう思います。瞬発力はあっても、持続力は
ありませんし・・・。
やはり原動力とは成り得ないのかもしれませんよね。
マザーテレサも「反戦活動よりも平和の活動」を
すべきだと言っていたようです。

世界を変える、変わっていくのだとしたら
ネガティブな存在と
「戦う」よりも「快で呑みこむ」方が
きっと正解に近いと思います。

今の日本の現状を見てると
怒りに呑み込まれてしまう時が
多くなってしまいます。
「イカンイカン」と思いながらも・・・。
私も模索中であります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。